株式会社エス・エム・エスキャリア 医療・介護の人材支援

24

Community Nurse Company株式会社 矢田 明子 代表(part2)

【スペシャルインタビュー】従事者不足を解消する情報インフラになるために


スペシャルインタビューコーナー

私たちエス・エム・エスキャリアは、「従事者不足を解消する情報インフラを構築することで質の高い日本の医療介護サービスの継続提供に貢献する」というミッションを掲げています。本コーナーでは、当社の価値提供先である事業者と従事者の方々が置かれている世界の理解を深めることで、当社の存在意義を確認していきます。

今回は、前回に引き続きCommunity Nurse Company株式会社(以下CNC)の矢田代表にお話を伺っていきます。

前回は矢田代表のお話を伺い、業界特有の閉そく感に対する課題認識、そして視野を広げるための情報の価値について、大きな学びがありました。今回は、医療介護の業界において、私たちエス・エム・エスキャリアに寄せられている期待や社会的な役割について、矢田代表と当社代表 長井と共に考えていきたいと思います。


お話をお聞きした人:Community Nurse Company株式会社 代表 矢田 明子(Akiko Yata)氏

1980年生まれ。島根県出雲市出身。26歳のときの父の死をきっかけに看護師になると決意し、27歳で大学生に。在学中に「コミュニティナース」として活動を開始。看護師免許を取得後、島根大学医学部看護学科に編入し保健師資格を取得。2014年、人材育成を支援する「NPO法人おっちラボ」を立ち上げ、代表理事に就任。2016年5月より「コミュニティナースプロジェクト」でコミュニティナースの育成やコミュニティナース経験のシェアをスタート。2017年4月に「Community Nurse Company株式会社」を設立。著書に『コミュニティナースーまちを元気にする”おせっかい”焼きの看護師』(木楽舎)がある。

 

当社代表:株式会社エス・エム・エスキャリア 代表取締役 長井 利仁

 

 


人材紹介の仕事は、世界を幸せにする好循環を作り出す

インタビュアー: 矢田さんは、当社がメインで行っている人材紹介の仕事を率直にどう思われますか?

矢田代表(以下敬称略): 人材紹介の存在って、コウノトリの役割にとても近く見えています。きっと御社で働く皆さんもコウノトリのように、どの家庭とどの子を結びつけたら、みんなが幸せになってより良い世界になるか…と考えてお仕事をされていますよね。コウノトリは子どもと、その先の家庭の幸せを第一に願っていて、その結果、世界を幸せにしている。この好循環を作り出すような、人材紹介の仕事を私はとても重要だと感じています。

Sub image 01長井: 素敵な言葉にしてくださって、ありがとうございます。まさに私たちの仕事は、従事者と彼らを必要としている事業者のニーズをしっかり理解して双方をおつなぎすることです。私たちは、ある程度の雇用の流動が、業界全体にとってプラスになると考えています。業界内の人材の偏りを解消すること、また、従事者が異なる環境で経験を積むことでより一層その力を社会に還元できるようにすること。これらにより、貢献の総量が上がると考えているからです。ただ、ひたすら流動し続ければ良いということではなく、顧客のため、業界のためになるのかを見極めながらご紹介をしなければならないので、難しさも感じています。また、紹介先の環境、相性、そしてご本人の努力など複数の要因が絡み、そのマッチングの良し悪しは未来に分かります。社員はその可能性を考えながら日々仕事に向き合っています。

矢田: コウノトリの例で続けますが、本来、子どもが欲しい家族は、単純に子どもが欲しいだけではなく、子どもを持つことで家族としてどう進化したいか、家族のストーリーをどう作り上げていくかを考えていると思います。コウノトリはそのストーリーに合わせて、この家族にはこの子を、と運ぶことで幸せにしたい。だけど、環境や相性の良くないところに運ばざるを得ないようなこともあると思うんです。その中で、コウノトリに何ができるかと考えると、その家族が幸せになるストーリーに思いを馳せ、その家族の家庭環境を良くする提案ができると良いですよね。そうすることで、コウノトリが社会に与えていくインパクトもより大きくなり、みんな幸せ。さらに次に訪ねるときにはその幸せな姿を見て、コウノトリ自身もやりがいを感じられると思います。

長井: まさにその通りです。私たちもコウノトリとして、従事者を幸せな環境へ運ぶだけでなく、その環境づくりの支援も含めた良い仕事をしていきたいと思っています


私たちが解決すべき医療介護業界の課題とは

インタビュアー: 次は、お二人がそれぞれ思う業界の課題について伺っていきたいと思います。まず、矢田さんはいかがですか?

矢田: 私は、業界が立てている問いの設定がエンドユーザーに向けたものではないことが大きな課題だと感じています。例えば「訪問看護ステーションをさらに増やすために各自治体に働きかけて〇〇センターを作ります」という説明。これは、自分たちの業界がどうやっていくのかが問い、つまり主語が業界になっていると感じます。そうすると、訪問看護をどう推し進めていくか、訪問看護ステーションとして生き残るために人が足りない…と、常に業界を主語としたネクストステップが作られ続けてしまう。その結果としてエンドユーザーが置き去りになってはいけないと思うのです。

インタビュアー: なるほど。エンドユーザーに寄り添う活動をされている、矢田さんらしい視点ですね。私たちも、最終的にはエンドユーザーを見据えた仕事をしているので、共感します。長井さんはいかがですか?

長井: 企業理念で掲げている通りなのですが、エンドユーザーの数が増えていく環境において、従事者の数が足りず、その需給ギャップが広がることが課題だと考えています。私には、根本的に従事者不足を解決するために注がれている事業者のパワーやエネルギーがかなり低く見えています。

インタビュアー: その課題を解決するために、私たちがさらに努力すべきことはありますか?

長井: 私たちからすると、ご推薦する従事者の方に活躍してもらいたいですし、もっと大きな視点で考えると、その方が入ったことで職場を大きく変えていくきっかけになることも当然あるわけです。人は、最重要な経営資源であり経営そのものです。それをご支援してより良い経営につなげていくためにも、私たちはより深く事業者の課題を知っていく必要があると考えています。

Sub image 02矢田: 人が介在する仕事は様々な課題に気付いてもらうきっかけになる可能性があると思います。御社の立場だと現実には「とにかく人が足りないので、早く人をください!」と言われることが多いのかもしれませんが、従事者と事業者をつなぐコウノトリとして、双方が共にストーリーを紡げるファミリーになるように提案できるとお互いにとって良いですよね。様々なサービスがあふれている時代だからこそ、特に信頼の置けるサービスを選びたいという欲求が出てきていると思います。それこそ、おせっかいをしてくれる人やサービスが求められているのかな。

長井: 私たちが正しく介在し、お客様を導ける存在であることで、事業者の文化や受け入れ方が変わる。そして、私たちがご紹介した従事者が安心してそこで輝ける、という良い循環をもっと増やせたらうれしいですね。


強力な伴走パートナーを目指して

Sub image 03

インタビュアー: 改めて医療従事者代表という目線で、矢田さんが私たちに期待すること、今の医療業界に必要だと思うことを教えてください。

矢田: やはり、この業界の仕事の延長線だけでない、広い視野での気づきの場やアプローチ方法を学ぶ機会が圧倒的に足りないと思います。今後10年は拡大路線が続くであろう訪看の現場でも、どのように事業として経営していくのか?本当にそのサービスだけで事業展開していくのか?というような着想が得られない。また、経営実務面へのサポートもまだまだ足りていないと感じるので、事業者がそもそもどうありたいか考えることも含めて、御社のようなビジネス界の人たちと一緒に創っていく機会があっても良いのではないかと考えます。医療介護業界の人たちを元気にするだけではなく、社会全体と融合してよりスピーディに、問題に対しての様々な視点の持ち方や解決方法を模索していくイメージですね。

長井: 国策としても謳われているように、今後、病院から在宅へ、治療から療養へとサービスの提供形態が変化する中で、社会のニーズが大きく変化していくことが予想されています。そうすると、やはり『人』という貴重な資源を適切に再配分することが求められ続ける。業界の各職種がカバーする領域も変化していくことでしょう。私たちはこの社会トレンドを理解して、お客様の良いパートナーになることがより求められていくと考えています。

矢田: 事業者に伴走してくれるパートナーのニーズはあると思いますが、同時に終わりなき戦いだとも感じます。でも、御社のような規模の大きい会社だからこそできるチャレンジだと思います。もしやってくれるのであれば、私にできる範囲で何でも協力しますし、頑張ってと応援し続けます(笑)。

長井: 応援ありがとうございます。当社としては、当面は医療介護の従事者不足という社会課題解消に向けて、お手伝いをさせていただける数を増やしシェアを高めていくことで、最も頼られる存在になりたいと考えています。社会の要請や変化に応じて、限りある人的資源をどのように最大化するのか。それぞれの職種の働き方やキャリアはどのように変わるのか。求職者や事業者を取り巻く環境が変わることで、私たちが成すべきことも変わっていく。こうした変化に対応することは、私たちが直面している日本の高齢社会による課題を解消することにつながっているのだと思います。

インタビュアー: 社会の変化に対応しながら、企業理念実現に向かっていくということですね。本日はありがとうございました。


インタビューを終えて(代表長井より)

矢田さんのおっしゃる『コウノトリ』という言葉とその理由がとても印象的でした。そして、医療従事者の方から見た業界の課題や葛藤についても理解が深まった時間となりました。私たちが介在することで、新しい気づきをお客様に提供し意味あるマッチングを増やす。それが結果として従事者不足を解消するために最も必要とされていることだと改めて感じました。当社社員にも、少しだけ目線を上げて、いつも私たちの目の前にいる求職者と事業者が出会った後の世界を想像してほしいなと思いました。思考の幅を広げ、社会に貢献している景色を想像することで、私たち自身の『仕事』を見つめ直すきっかけになると思うからです。


(インタビュアー:株式会社エス・エム・エスキャリア 村木 範子)